【三重県 松阪市】合格祈願・学業成就・七五三詣・初宮詣(お宮参り)

本居宣長ノ宮 旧社名:本居神社
合格祈願のお申し込み
各種ご祈祷の受付


各種ご祈祷のご案内

本居宣長ノ宮では、ご家族や職場のみなさまの願意に応じて、ご社頭で随時ご祈祷(ご祈願)をご奉仕いたしております。


命名

命名

赤子の生まれた日から数えて七日目のお七夜に命名するのが古くからのしきたり。
命名は親か祖父が良い名を選んでつけることが多いが、生命を賜った神様からその子の名を授かることも意義深いことです。
本居宣長ノ宮でもお子様の生育招福を祈り、御神慮によって名を授与しています。


初宮詣(お宮参り)

初宮詣(お宮参り)

生後初めて神様に参拝し、生児が健やかに成長するように祈る儀式。また、生児が初めて社会的に承認され、成長を祝福される機会でもあります。
普通男児は生後三十日目、女児は三十一日目です。百十日目などに行う地方もあります。いずれにしても身内一同が、心をこめて祝う儀式ですから、みんなが都合の良い日を選ぶことが大切でしょう。


各種ご祈祷の受付

七五三の祝

七五三の祝

古くから3才の男女児(髪置)、5才の男児(袴着)、7才の女児(帯解)のお祝いをしてきました。現在はこれらの年の男女とも十一月十五日を中心に神様にお参りして成長を感謝し、将来の幸福を祈ります。三才という年は、子供が成長してゆく一つのヤマと考えられてきましたし、七才という年令は幼児期の終わりとして重要な境目になります。この年頃は、児の成長期における重要な段階ですので、この大切な時期に子供の成長を神様に祈願し、周囲の人々が祝うというのが、七五三の祝いの趣旨であります。


結婚式

結婚式

四大儀礼とされる冠婚葬祭の中でも、結婚式はまったくの他人が縁あって末永く生活をともにするちぎりの式ですから、最も慶祝すべき盛儀であります。
人生の門出に、真に夫婦一体となって苦楽をともにし、互いに手を取りあって、世の荒波をしのいていこうと覚悟を固める上からも、厳粛な神社の大前で誓いをかわし、祖神の御恵みと御加護を新しい生活の上に仰ごうとすることは、日本人にふさわしい儀式であります。


各種ご祈祷の受付

厄年(厄除)

厄年(厄除)

厄年は一般に男の二十五才、四十二才、女の十九才、三十三才をいい、中でも男の四十二才と女の三十三才は大厄とされてきました。
人間の一生に幾度かの節目となる年祝があり、この前後を境にして社会的責任もしだいに重くなり、重要な役目を持つようになります。社会的にも身心的にもこれらの年令は、将来の方向に大きな影響を及ぼします。だからこそこの時期には自覚とつつしみが何よりも望まれました。そこから災厄にあわないように心がけ、神社に詣でて厄落としを行います。


本居宣長ノ宮 三重県松阪市殿町1533番地2 tel:0598-21-6566 fax:0598-21-6959 support@motoorinorinaga.org
Copyright (c) Motoori-Norinaga Shrine, All rights reserved.